--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
artekstool1206

不朽の名作、スツール60。
アルテックのスツールがデザインされてから75周年を記念して、2008年のミラノサローネでは、750脚の無塗装のスツールが展示されました。
その後、その一部はアメリカ、ベルギー、シンガポールなどを巡り、同じ年の秋には日本を巡回。
また、2011年には第1回北京国際デザイントリエンナーレでも展示され、多くの反響を呼びました。

フィンランドのバーチ材を使用した3本脚のスツール60と呼ばれるオリジナルバージョンは、1933年に完成したアルヴァ・アアルト設計のヴィープリ図書館に初めて設置されました。
製品化されるまでに3年の月日をかけて研究され、その結果、アアルトデザイン特有のL-レッグという曲げ木の手法が生まれ、スツールの脚に採用されました。
また、この技法により、自然素材を活かした丈夫で長持ちする製品作りが可能になりました。

今年、アルテックのバースデーである10月15日に、スツール60の80周年アニバーサリーイヤーがスタートします。
アルヴァ・アアルトが活躍した時代から今日まで、スツール60は多彩なバリエーションで制作されてきました。
この記念すべき80周年に、スツール60は色々なところで様々な特別作品が生み出されます。

ぜひご期待ください。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。